未分類

顧客開拓サービスに使うことができる補助金情報

顧客開拓サービスを利用するには補助金を活用するのがおすすめです。ここでは、AI開拓ナビで紹介しているサービスを利用する際に活用することができる補助金や助成金の情報を紹介します。

1.小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金とは、「小規模事業者等が、地域の商工会議所または商工会の助言等受けて経営計画作成しその計画沿って地道な販路開拓等取り組む費用の2/3を補助する」補助金です。

補助金額は50万円~100万円となっています。

以下の表に示される小規模事業者の定義に該当する企業が利用することができます。

 業種 人数
商業・サービス業(宿泊・娯楽業除く) 常時使用する従業員の数 5人以下
 サービス業のうち宿泊業・娯楽業 常時使用する従業員の数 20人以下
 製造業その他 常時使用する従業員の数 20人以下

補助対象経費は、次のようになっています。この中の「広報費」としてAI開拓サービスを利用することができるものと思われます。

①機械装置等費、②広報費、③展示会等出展費、④旅費、⑤開発費、⑥資料購入費、⑦雑役務費、⑧借料、⑨専門家謝金、⑩専門家旅費、⑪設備処分費、⑫委託費、⑬外注費

2.IT導入補助金

AI開拓サービスの中には、IT導入補助金の対象となる「ITツール」に指定されているものがあります。

補助金の上限額は、最大で450万円と大きなものになっていますので、他のITサービスなどと合わせて申請をすることで、大きく負担を減らすことができます。

A類型 B類型 C類型 D類型
補助率 1/2以内 2/3以内
上限額・下限額 30万円~150万円未満 150万円~450万円以下 30万円~450万円以下 30万円~150万円以下

この補助金は、ほとんどの中小企業が利用することができます。

業種分類 中小企業基本法の定義
製造業その他 資本金の額又は出資の総額が3億円以下の会社又は
常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人
卸売業 資本金の額又は出資の総額が1億円以下の会社又は
常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人
小売業 資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は
常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人
サービス業 資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は
常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人

※詳細な条件は補助金のホームページを参照してください。

 

これらの補助金以外にも、各地方自治体や商工会議所が実施している補助金などの対象になることがありますので、AI開拓サービスの導入を検討する際には、一度対象となる補助金がないか調べてみるのがおすすめです。

    フォーム営業虎の巻ダウンロード

    -未分類

    © 2021 AI開拓ナビ Powered by AFFINGER5