AI開拓ナビとは?

AI開拓ナビは、AIやRPAを使った効率的な営業サービスを紹介するメディアです。

AIによる顧客開拓サービスには、企業リストへの自動メール送信や、RPA技術を活用したお問い合わせフォームへの自動送信サービスなどが含まれます。

  • 営業リストの作成・抽出データベース
  • 営業リストへのダイレクトメールの送信サービス
  • 営業リストへのお問い合わせフォーム営業代行サービス

これらが、AIを活用した開拓サービスとなっています。同時に複数の機能を提供するサービスもあります。

資料を一括請求する

お問い合わせフォーム営業 アクセス数ランキング

問い合わせフォーム営業が特におすすめな理由

多くの企業がお問い合わせフォームを設置している。

ホームページを開設している企業であれば、ほとんどの場合にお問い合わせフォームを設置しています。展示会やメーリングリストなどを通じて集める必要があるメールアドレスと異なり、まったく関係がない企業に対しても直接セールスレターを送ることができるのが大きなメリットです。

テレアポと比べて嫌がられることが少ない

テレアポは、新規開拓の代表的な営業方法ですが、担当者につながらずにセールスができないことも多い非効率な手段です。また、担当者の時間を奪ってしまうため非常に嫌がられることが多い手段となっています。また、FAXをつかったダイレクトメールは、送信先の紙やインクを消費してしまうためにクレームにつながりやすく、幅広く営業に使うのは憚られる手段となっています。

決済者が直接見る機会が多い。

企業は、お問い合わせフォームを設置している理由は、新しいビジネスチャンスをつかむためです。そのために、役員や社長といった決裁者が見ている可能性も高くなります。

お問い合わせフォーム営業に関する疑問

フォーム営業は、見込み客のウェブサイトのフォームから営業を実施するため、これまでテレアポや飛び込み営業などでアプローチするしかなかったB2B事業におすすめです。一方で個人向けの消費財などには向いていません。

事業者によって、アタックリストの精度や、コピーライティングの代行、フォーム営業後のフォローアップ、戦略立案などに異なります。そのため、貴社にあったサービスを選ぶ必要があります。

非常に低い割合ではありますが、クレームになることはあります。(1,000通に1社など)。 ただし、各社のノウハウを利用することでクレームになる確率は非常に低いものとなっています。

問い合わせフォーム営業こそ「AIツール」の出番

AIを利用することで間違いをなくし短時間に一斉に送ることができる

AIやRPAなどの最新技術を使ったAI開拓ツールを利用することで、間違いをなくし短時間に一斉に送ることができます。

開封率やクリック率を管理することで仮説検証・PDCAを回せる

問い合わせフォーム営業の代行ツールを利用することで、文中のURLをどの企業がクリックしたかといった反応率を細かく計測・管理することができます。そのため、送り先の業種や文面による反応率の差を比較することで今後に向けて改善するための分析を行うことができるようになります。

AIツールを利用すれば補助金も活用できる

お問い合わせフォームサービスは、顧客開拓のためのサービス・ITツールのため様々な補助金を活用することができます。補助金の対象になりづらいアルバイトの人件費と異なり、ITツール代や広告宣伝費として補助金を活用しながら顧客開拓をすることができます。

© 2021 AI開拓ナビ Powered by AFFINGER5